ひみつ4コマ劇場ジェネシス編・第2回

こちらの4コマ漫画、MELODY2月号感想の記事に一緒にのせようかと思ったんですが、ちょっと時間がかかりそうだったので、先に感想だけupして、別記事にしました。
MELODY2月号の二次創作ですがネタバレというほどではありません(てか、全然違う)が、心配な方は2月号を読んでからご覧ください。


1/6 おまけの1コマ追加しました
スポンサーサイト

MELODY2月号感想

MELODY2月号読みました!!
以下、ジェネシス連載第2回の感想、ネタバレです。

12/29、30少し書き足しました(一番最後)

2012年に読んだ小説&漫画まとめ

 突然ですが、あちこちにランキングが出てるのを見たら、私も今年読んだ本と漫画について、個人的な総まとめをしたくなりました。勝手に賞も作っちゃいました。私が選ぶ漫画部門の賞って、記事読まなくてもわかっちゃうと思いますが(笑)
Category: 読書記事

動画「秘密」第九編完結記念「きみの手」蛇足ver.

7日の地震、大きかったようですね。皆さんお怪我などありませんでしたか?
震度5とか4の地域の方はかなり怖い思いをされたのではないでしょうか(4てかなりの揺れですよね。私は阪神の時、奈良にいて、震度4でしたがものすごく怖かったです)。まして、震災で被害を受けた方々はどんなにか…と胸が痛みます.
こんなの公開してていいのかな…という気もするのですが…すみません。

* * *

相互リンクをして頂きました。

にに子さんのところの「ひみつの225」というブログさんです。

「ひみつの225」は私にとって「バイブル&ビタミン剤」です。にに子さんのイラストはあったかい雰囲気、なんともいえない色気と可愛らしさに溢れていてすごく魅力的です。お手本にしたいという意味で「バイブル」。絵を描いてる途中で「ここどうしたら…」と見に行くこともあるのですが「なるほど」と思うこともあれば「私には絶対無理!」と思うことも多く。いずれにしても途中からは鑑賞会になっちゃいます。そしてきゅんきゅんしたりうっとりしたりして心にビタミン補給!文章やレスからも優しくてキュートなお人柄がうかがえます。ブログ開設前から憧れていた美麗イラストサイトのにに子さんにリンクして頂けるなんて嬉しいです。


さて、9月25日に公開した動画の記事の最後は、

「ところで、これを作り始めて真っ先に描いたラストシーンは結局使いませんでした。途中で気が変わったのです。原作のこのシーンにしてよかったと思っています。ただ、…(続く)」

となっていました。この後を続けます。

ただ、初めに思い描いたラストシーンも捨てがたく、悩んだ末に、あとで「蛇足」として付け加えたバージョンを作ったらいいんじゃないかと思ったのです。

というわけで。要するに、以前公開した動画の最後に、私のオリジナルへタレ絵(まさに蛇足)が1枚おまけにつくだけなんです。そんなのでもいいというお心の広い方はどうぞ。
 
(注)動画を載せるには、まず、FC2の高画質視聴会員というのになって、そちらに投稿しなければなりません。つまり、うちのブログに来ない人でもその会員なら投稿された動画を自由に見ることができます。そういう一般の方に対して「腐要素」とことわってるんですが、それほどのもんじゃないので、どうか、ご覧になる場合はあまり期待なさいませんよう。



11月の読書

<テンプレ変えました>
 ようやく懸案事項が一つ解決(^^)以前のテンプレはブログを始めるときに「空」の絵柄であることと可愛いからということで選んだのですが、しばらく使ってみて、横幅が狭いのでイラストをのせるには向かないということに気づきました。ただ、バックが濃い色だと4コマの枠線をかかなくていい、などのメリットもあったのでずるずる使ってて…。でも、これ以上コマ漫画やイラストが増えてからでは変更するときもっと大変になるので変えました(枠線面倒くさかった…線の途切れてるとこもあるみたいだけどもういいや←実はけっこういいかげん)。
 それから、次の記事の予定や近況等を横の柱(プロフィールの下あたり)に出すことにしましたので、よろしければ今後はそちらもご覧ください。

 読書については11月に読んだ本の多くは前半に集中しています。これは、精密検査のため病院に何度か行ったので道中の電車や待ち時間に読んだからです。最近は家ではほとんど読まなくなったので(もちろん絵を描いたり、ブログいじったり、よそさまのブログを訪問したり、ということに時間を使うからです)、読みたい本を読むために美容院でも置いてある雑誌でなく自分で持って行った本を読んだり、スーパーのレジを待つわずかな時間にも読んだりしています。
 
 11月に読んだ中で爆笑したのが、お勧めされて読んだ「毛髪川柳」。身近な方が気にされていたら申し訳ないのですが、でも、こんなふうに開き直って笑えるといいかも。
 「ヅラデビュー 視線をそらす 妻と部下」
Category: 読書記事