スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MELODY10月号感想

こんにちは。
8月3日、秘密オフ会行ってきました!すごく楽しかったです~(*^^*)ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました!またお会いしたいです(また誘ってね)♡
その時の様子は、リンク先のucaさんのブログに詳しく報告がのっていますので、興味のある方はそちらをどうぞ→
「プチ秘密のオフ会しました」(クリックでとべます)

※土日留守にしますので、コメントのお返事は帰宅してからさせて頂きますね~(^^)



まず、扉絵の美しさにはやはり目をひかれます。薪さんの顔が美しくて、やわらかいピンクの色合いが素敵です。好きだなあ。イラスト集出してほしいですね。これから毎回アンケートに要望として書こうと思います。皆さんもぜひ!





=ネタばれ感想=







「ガリーナ ツォイ こいつも発症したらしい」
ってことはこれまでにも何人も。原因に心当たりあるんですね。ヤコブ病は罹患した人を食べるか脳の硬膜などの移植でしか感染しないのだから、いったい何をしたんだ。
こう言いながら、麻薬の吸引。たぶん覚せい剤ですねこれは。ロクな奴じゃなさそう。
(余談ですが、私、6月に、読書仲間の方たちと裁判の傍聴に行ってきました。覚せい剤の公判が最も多かったです。そしてその日に傍聴した件はすべて、再犯でした。やめられないんですね…。)

※8/30 コメント頂いて原因をもう一度考えてみました。ヤコブ病を若くて発症するのは本当に、上に書いた原因(この病気の人や牛の危険部位を食べるか、硬膜・網膜の移植)しかない筈です。潜伏期間はふつう10年くらいと長い。だから、昔、何人かで人を食べたとか(それがたまたまヤコブ病の人だった。食べたのは、彼らが殺してしまったので証拠隠滅のためとかかもしれない)。仲間が次々発症して、次は自分かもしれないという恐怖からクスリやってるとか…。

秘書であるサラにいい待遇をしてやるということで、同郷でサラと親しいタジクに遺体の始末をさせようとしています。公にできない秘密(というか犯罪でしょうね)を守るために。


患者の体についてる電極を付け替えるというのはすごいアイデアだと思いました。タジクはサラに恩を感じてなんでもするつもりです。ホームレスと遺体を入れ替え、サラとともに脱出。とっさにそんなやり方を考えるなんて、おそろしく頭が切れますね。薪さんにとって手ごたえありそう!

そして310ページで薪さん登場!美しい!!色気も感じます(((*゚▽゚*)))

第九に新人、しかも女性ですか!!天地さん以来ですね。
見た目はふつうっぽい感じですね。岡部さんのお相手にどうかな(^_^;)

薪さんの推理!すごい、タジクもすごいけど薪さんすごい!すべて見抜きました。
私こういうの好き!!!!!
そもそも、秘密コミックス読み始めて、最初はこういうかっこいい人が謎を解く近未来の推理物というところにものすごく面白さを感じたんですね。そのうち薪さんにどっぷりはまったわけですが。でも、こういう話を、また読みたかったんです!!!
個人的には私は、薪さんは12巻の最後の手紙で幸せになったものと思いこんで納得し、さらジェネシスで生い立ちのことも鈴木さんのこともわかって、薪さんの第九時代の性格や考え方にもつながったので、その辺りはもうある程度気が済みました。
でも、薪さんが事件をバリバリ解決する話はもっともっと読みたかったのです。今はもう、あまり心配せずに、かっこいい薪さんと、謎解きを楽しんで読んでいます\(^o^)/
おそらく「original sin」が解決してもまた他の事件もあるんじゃないかと思っているので、今後も楽しみです。



ところで総監の弁当、新婚さんのようΣ(゚∀゚*) 意外に(失礼;)奥さんに愛されてるのか...

しかしマグには
プレミアムのマーク
重体の患者が行方不明になって他人と入れ替わり、血痕ものこっていたのに指紋を残した人物の捜査ができないなんて。死体がなくても十分事件だと思いますが;
プレミアムの件は私も以前から、また絡んでくるんじゃないかと言っていて前回の感想にも書いたのですが、意外に早く出てきました。川谷もね。プレミアムやっぱり嫌な感じ。
それにしても総監もとんでもないな。前回レストランでもっといたぶってやってもよかったんじゃ…(。・`ω´・。)


薪さんは、人が見殺しにされるのは我慢できなくて、たとえわずかでも生きている可能性があるなら助け出すために全力を尽くしたいのですね。7巻の頃とかわりませんね。こういうとこすごく好きです。

なんと、タジクに真正面からぶつかっていった薪さん。でも、全部わかってるということを言いながらも、取り調べるとか捜査するというのでなく、「取り違え」という言い方をしたことに驚きました。
薪さんはただただ、消えた重体の女性を助けたい一心なんですね。

タジクは川谷寿明などとは違う、本来真面目な人なのでしょう。薪さんと通じる部分があるようです。
そんな二人に同時にかかってきた電話、薪さんには青木から。



そして店の前で痴話喧嘩が始まったーーー! ^ ^;
ネクタイ掴んで、キスしそうな距離で「辛子めんたいでも食って自分の仕事しろっ」てw

「青木もこんなペーペーにまで使われてるなっ!!その丁稚体質を何とかしろ!!」
ってwwwwwww


349ページの、「逐一僕に知らせろ」「じゃなかった!!」ってハッとする薪さん、可愛い(*´∀`*)



次のページではついに!岡部さんが!!薪さんを呼び捨て&バカ呼ばわり(爆笑)
「おいっ コラ!!まて!!薪!バカ」
この前に「ってまた!!」って言ってます、パリから帰った薪さんにさんざん振り回されてる岡部さんが垣間見えますが、一段と親しくなった感じでよいですね(*^。^*) 言ってしまった後でびくびくしてますけどね。岡部さんやっぱりいいわあ♪


そして、いよいよ!

手紙!
読んでないの?でも来てたことは知ってる。
きょとんとした354ページの薪さんの表情は読んでないみたいに見えるけど、本当かな?中身を察して読まなかったのか、本当は読んでいて…話しづらいように、あえて、まわりに人が沢山いる状況で言い出したのか。いずれにしろ、青木はここでは言えない。それで読んでないからって、帰れって話を終わらせるつもりですかね?それって逃げてますよね。呆然とする青木。

「コラ!!まて!!逃げるな薪!」

って感じだけど、べつにいいや。じらした方が面白いですしね(^▽^)
どうぞゆっくりやってください~( ̄ー ̄)
生暖かく見守るよ!!←最後はうまくいくと信じてる

ということで!

次回はえっとーイラストか何かでね(・ε-。)⌒☆

スポンサーサイト

コメント

鍵拍手コメのAさんへ

こんにちは☆実家に帰っていたのでお返事が遅くなりました。

>あの扉絵ですがなんか見覚えある気がたら9巻の195Pのイラストと同じ

本当ですね!!9巻!!似たような雰囲気の絵をちょっと見たことあるような気もしないでもなかったですが、カラーじゃなかったのと、このあたりは辛い展開なので読み返しが少なく、気付きませんでした。ありがとうございますー!!

>タジクは本当は誠実な人に思えました。

私もそう思います、本来真面目で誠実な人なのでしょうね。しかも頭がよくイケメンですね~。おもいきりのいい大胆さもあって、強敵です。相手にとって不足はないですねー。

>プレミアムは警察にも権力が

プレミアムも初めは立派な理念があったのかもしれないけれど、強大で腐った組織になってますね。薪さんが時間をかけて解体に追い込んでいくのでしょうか。

>驚くこといろいろ

清水先生は本当に色々と私たちの意表をついて楽しませて下さいますね~(^^)

>薪さんのなぞの微笑みは手紙を読んでいてあえて、青木にそれ以上追及できないようにけん制したのですかね?

きっとそういうことですね。。
まあでも、私も全然心配していません。何より、先生のサイン会の時の話がありますので、
最終的にうまくいくことは間違いないと思うのです。あまり簡単に決着がついて話が終わってしまっても淋しいなと思いますし。

ありがとうございました\(^o^)/

2014/09/02 (Tue) 07:56 | 潮音 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。