「秘密」映画感想

「秘密」観ました!

「秘密」原作を全然知らない映画通の友人を誘って観てきました。
原作を知らない人がどう感じるのか、すごく興味があったので、いろいろ聞きました。自分の感想と、彼女の感想を書きます。
*激しくネタバレです




何から書きましょうか。
まず、キャストは、発表になった時ずいぶん不満も目にしましたが、私はいいと思います。
薪さんも、青木も、鈴木も、雪子さんも…。薪さんはイケメンだし、青木もかっこいいですね。
貝沼もすごかったよ!

…さて、映画の中身ですが。
うーん、わりとしょっぱなで違和感…
青木が超有能設定はいいとして、薪さんが、新人の青木にいきなり大仕事やらせてるけど、で、薪さんけっこう部屋にいること多いけど、もっと仕事中毒のように自分でやりたい派なんじゃないのかなとか。
一般の人に薪さんの超人的天才ぶりがちゃんと伝わるだろうかとちょっと心配になりました。

絹子はサイコパスってことになってましたね。どちらかというと、普通の子だったのに父親の行為が原因で…という原作設定の方が私は好きですが。

そしてかなり、いかにもな映画的な演出が目につくというか。
嵐と、雷と、銃で撃ちあい。
派手で、ちょっとありがちすぎる演出のような気がするなあ。
ていうかなんでそんなことに…。原作に入れ込み過ぎて、あのオリキャラの刑事さん真鍋の存在と言い、この場面と言い、どうもなあ。と思ってしまいました(^_^;)
私は、最初に真鍋が出てきて被疑者を恫喝して自白強要して、青木が顔をしかめてるシーン、あれは悪くないと思いました。そんなことしなくてもMRIで緻密な捜査をすればきちんと証拠をあげて解決に導くことができる。それがあの刑事さんにも観客にもわかっていく、そういうことを表すためのシーンだと思ったからです。でもそうじゃなくて、あの刑事さん最後までああだし、あれー?と(^_^;)

斎藤先生というのもちょっとなあ。あの人必要ですかね?というかキャラ設定が;

とはいえ、MRIの画像、脳内記憶の見え方は、すごくらしくて、いい感じだと思いました。
貝沼は本当に迫力があった。貝沼の出てくる場面は、すごく不気味で怖くて、演技から何から、よくできてると思いました。
絹子の演技もいい。連れ込んだ男の子たちと絡むシーンも、原作から受ける印象と変わらない、いやらしすぎずきれいでもあり、でも挑発的な感じも出ていて、あのへんの撮り方は好きです。

最後が犬目線のきれいな画像で終わるというのはいい。


と、いいと感じる点もあったのですが、正直に言うと私は、途中でもういいかなと感じてしまいました。なんか面白くないというか…。全く初めての人には斬新で盛りだくさんな内容なんだろうけど。

うーん、もうちょっと、第九メンバーのちょっと、ふっと笑えるような(アイス食べて薪さんに怒られるとか)場面で第九やキャラの雰囲気、個性かいま見せたりしたらメリハリも出るし楽しいんじゃないかな。

…結論としては、原作の方が好きですね私は。映画はもう一度みたいかって言われたらもういいです。もっとはっきり言うなら、この映画は私の好みとは違うかな。ただ、清水玲子先生自身が満足しているようなので(パンフレットの文章を読んでそう感じたのですが…)、それが一番大事なことだと思います。
ファンの方は、多分満足しないだろうという気がしますが、それぞれ自分のイメージがあるように、映画の作り手には作り手のふくらまし方があるのでしょう。清水先生がそれを認めたなら、1つの表現としてありなんだろうと私は思います。
清水先生からしたら、ここの二次創作の方が、何コレって思うかもしれませんし(^_^;)

eigakann.jpg



とにかく一般の人に薪さんの苦悩や天才ぶり、第九のことなど、正しく伝わったのか?話は理解できたのか?
とても気になったので、同行した友人に聞いて見ました。



             *          *          *



友人は、映画をすごく沢山観てます。そして、二次創作もオリジナルも、小説を沢山かいてる人です(プロではないですが)。
「秘密」は全く知らない。
私が誘った時「しおんさんの目当ては?キャスト?」と聞かれたので「これ読んで、薪さんをしあわせにしたくて二次創作の道に入った」と超ざっくり説明しました。彼女の予備知識はその程度です。


話は理解できたとのこと。
映画自体は面白かった、10点満点で言ったら自分的には7点、とのこと。お?けっこう高評価ですね。

では、よかった点とか理解できたかとか。
MRI技術や、証拠としない取扱いについて、原作者さんものすごく頭いいね、と言ってました。そのあたりの設定など斬新で面白く感じられたようです。
鈴木役の俳優さん好きなので喜んでみてたらしい(笑)
絹子の演技凄い。
貝沼も凄い!!怖い。吉川晃司が出てくると、いつもただごとじゃなくて、すごいんだよ…とのことです。
薪さんがただ者じゃない優秀な人であることはちゃんと彼女には伝わったようです。そして、二次でしあわせにしたくなる、可哀想な人ということも。まあ、話してみておおむね、主な設定など正しく受け取れたようでした。
まあ、るろ剣の監督さんだなあという感じでもあったとのこと。


さて、もう少し細かく彼女の感想を。

ーとりあえず、キャストが豪華。だからそこはいいんだけど、せっかくなのに他の(小池とか)第九メンバーがいるだけのモブ扱いだったのがもったいないね。
もう少し、(私が例に挙げたアイスみたいな)ちょっとした場面で、メンバーのことがもう少しわかってもいいし、そういう場面があれば、例えば薪さんがモニターを見るなと言ったときに、皆があっさり従う場面にも説得力が出る(薪さんが怖いからなのか、信頼してるからなのか、上の言うことは絶対なのかとかわかる)。それは是非入れた方がいいし充分入れられる。、それをいれるんだったら、もう少し長くなってもいいくらい。


ーえ、あの盲目の男の子、幼馴染なの?それは、もう少しわかるような描写ほしいね。
最後の綺麗な回想のとこであんなふうになる前の絹子出てきたのはいいね。

ー鈴木さんの回想の中に栗山千明が出てこなくて、栗山千明が可哀想だなあと気になった

ーこれを観て、原作を読みたくなるかと言われたら、そうはならない。これで劇的に原作売れるってことにはならないかな。
たとえば、某映画を観た友人はほぼみんな原作漫画を買いに走ったけど、それは、映画で描かれていない部分を見たかったから。「秘密」は映画が、原作を売るということを考えたつくりにはなってない。



ーでも、最初に青木に対して「家の問題が解決できる」と言ってた伏線は回収されてないね。
監督さん、これうまくいったら次をつくるつもりなんじゃない?


そういえば、あれ、言いっぱなしで、回収してませんね。次をつくるつもりがあるということなんでしょうね。
薪さんの命が危なくなるあたりやりたいんでしょうね。
私としてはその前に、7巻あたりの事件など、ミステリ好き層にも圧巻の部分を過剰な映画的演出に頼らずやってもらいたい気がします。完全に自分の好みで言うなら「重力ピエロ」映画化した監督さん(名前覚えてないけど;)に作ってもらいたいなあ。

昼ごろ、2時の回がいっぱいで夕方5時の回でみました。7割くらいの入りでした。興業的にはどうなんだろ、まずまずなのかしら?


過去記事 「ある男子高校生の「秘密」感想(クリックでとべます)」 でインタビューに答えた次男(今は大学生)が、面白そうだと前売りを買い、見に行く予定だそうですので、彼が見たら久しぶりにインタビューして感想聞いてみますね(^^)原作知ってる男性の評価、気になります。





スポンサーサイト
Theme: 最近観た映画 | Genre: 映画

コメント

鍵コメのAさんへ

Aさん、こんにちは。
こちらこそご無沙汰しています。すみません、実家に帰省していましたのでまたお返事遅くなってしまいました。あと、鍵コメだったので、コメントの承認をしてもブログには反映されなくて。

映画の件、残念ですね。原作を知らなければ、「脳を見る」という斬新な設定に惹かれてもう少し面白く観れたのかもしれませんが。友人の評価は、先入観がなければそれなりに楽しめる人もいるということかなと思います。脚本がよければもっと高評価になったんでしょうけど。
ただ、自分自身、自分の中に「秘密」のイメージや薪さん中心の二次の世界を作り上げてしまっているけど、それも一部の同好の方以外にはどうかと思われそうな気がするので、自分と異なる世界観を拒否する気はしなくて映画についてもそれはそれで、と思います。男性や、腐要素の苦手な方から見たら、私たちの世界よりは理解できるんじゃないかと思いますし(^_^;)
清水先生の映画パンフのコメントは、けっこう映画を評価してるように私には思えたのですが、そうでもないのかな。他の方の感想ちょっと読んだらなんだか自分に自信がなくなって、メロディの感想記事も今後はどうしようかなと思ったりしてます。自分の中で楽しんでいこうかなとか。もともとミステリやサスペンス、SF、そして超優秀なイケメン、という大好き要素が詰まってるので、今後もずっと「秘密」好きで楽しんで読んでいくことに変わりはないですが。

ありがとうございました、Aさん来てくださると嬉しいです(*^^*)

2016/08/24 (Wed) 07:20 | 潮音 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する