スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画メイキング<後編>

こんにちは。5月25日に、「秘密」にはまって1周年を迎えました(^^)「秘密」にはまったおかげでブログ開設したり絵を描き始めたり、妄想の世界が広がって楽しい毎日です。

常に、かきたいもの>実際にかけるもの という状態で、在庫がどんどん増殖中です。最近、持ち帰りの仕事もあるし…。なんとか近いうちに絶対書こう!と思ってとりあえずタイトルをつけ、ちょっと書きかけの「下書き中」の記事は常時5~6個あります…。
 でも、書こうと思いながらなかなか書けずにいる記事が沢山ある中で、「下書き中」にした記事は必ず完成してるんですよ(^^)b 現在「下書き中」の記事の1つは、「秘密学園妄想の続き」です。滝沢をまだ一度も描いたことがないんだけど、描けるかな。

動画の記事、今頃って感じですが、これが最終回です。お付き合いありがとうございました。


※さきほど、リンク先のちえまるさんにツイッターで、
「トップ・シークレット」が2013年第44回星雲賞候補にノミネートされたと教えて頂きました。

http://www.sf-fan.gr.jp/awards/2013result.html


今回は<中編>に続き、パリデートの残りの絵についてです。

まずは、ルーブル。
 これは、どうってことない絵なんですが、モナリザの額縁に入ってる絵は、探しました。モナリザなら載ってる本うちにもあるし、と思ったんですが、どれも、改めて見ると額縁が省略されて絵の部分だけだったんです。加工して適当な額縁にはめてもよかったんですが、なるべくルーブルに飾られてる状態でと思って結局ネットで画像探しました。ネットでも額縁省略は多かったです。あと、ヒゲをつけたり太らせたり、いじられてるのも多かったですね。愛されてるなあと思いました(笑)。
 壁の色も、ルーブルの壁の色に!と無駄にこだわったり。本当はもっとムラになってる感じみたいです、トーンが使えたらできたんでしょうが、デジタルでトーン使うのはやったことなくてわからなかったので、紙質で微妙に変化つけるくらいしかきませんでした。

ルーブルメイキング




次に、階段のある風景。

 私は昔からユトリロの絵が好きなので、彼がよく描いたモンマルトルの風景は1枚入れるつもりでした。
モンマルトルの代表的な風景は次の2か所じゃないかと思います。
サクレ・クール写真
階段
 どちらにしようかと少し考えて、階段をふたりで手をつないで上っていくイメージが浮かんできたので階段の方にしました。

 しかし、いざ描こうとして最初に気がついたのは、横長に描かなければならないが、この写真は縦だということでした。あたりまえに一目見てわかることなのに、いざ描こうとして驚いたんです(笑)。でもよく考えたら、人物が小さくなりすぎないよう階段の幅はある程度広くした方がいいから横長でちょうどよかったかな、と気を取り直し、何度も、ここからここまで階段、人物これくらい、…と大雑把なバランスを試し描きしました。真ん中の手すりは邪魔なので省略。おおよそのバランスが決まったところで下描きから始めました。


(注)文中のイラレ(イラストレーター)、SAIは描画ソフトの名前です。平行な線を何本も引くのはイラレの方が正確に書きやすいが時間がかかる。
階段メイキング1


モンマルトルメイキング

完成!階段部分に悪戦苦闘し、雪など塗りにも手間がかかり、最も時間のかかった絵です。それだけに愛着もあるし、お気に入りの1枚です。この絵を気に入って下さってるという声を頂いて嬉しかったです。





最後は夜景の場面。
 
 メイキング前編で書いた通り、文字を入れるにあたっては工夫しましたが、絵の方は短時間でできました。というのは、夜景部分は写真ですから。私が描いたのはふたりの後ろ姿だけです。夜景の写真は昼間の写真のようにはっきりくっきりしたものではなく、適度にぼうっとしてるので手描きにしなくても絵を重ねてそれほど違和感ないだろうと判断し、作業時間短縮のためそのまま使いました。
 
 メロディ4月号を読んで増やした場面の1つはこれです。薪さんが、子どものころから想像以上に辛い体験をしてきたことを知って、薪さんの幸せな場面を増やしたくなったのです。それで、デート場面と部屋でのラブシーンを1枚ずつ増やすことにしました。
 でも、有名な観光スポットはだいたい使ったからどうしよう…サクレ・クール?ルーブルの外側?いや、1か所につき1枚にしておこう。どこか別のところ…凱旋門は?うーん、四角くて灰色で絵的に地味かな…モンサンミッシェルまで足をのばす?市内で何か他にないかな?などと考え、そうだ、夜景!と思い至りました。それでまた、ネットで画像探しまして。川周辺での画像がやたら多かったです。なかなかピンと来るのがなくて、数十枚は見たかな、これを見た時に、「これだ!!」と思いました。

 ふたりはどこからこの夜景を見てるのか?「エッフェル塔の展望台から」です。夜景っていかにもデートって感じだし、写真も綺麗で気に入っている1枚です。

夜景メイキング


(拍手のお礼は、「詰め合わせ」青木さんの続き)
スポンサーサイト
Category: メイキング

コメント

Aさんへ

こんにちは(^^)

>フランス料理は一品の量が少ないから青木には物足りないでしょう(笑)

そうですね(笑)だから、この場面を拍手のお礼画像として次回使う時には、台詞をもう一言足す予定なんですよ。お礼画像は1種類増えたし、それとは別に1つの記事だけに使う画像もあるから次にこれが出るのはかなり先になりますが、その一言がAさんのこのコメントに対する答えになります(^^)

>サクレ・クール寺院とモンマルトルの階段、
こんな形で懐かしむことになるとは・・(^^)

おおー!思いがけない形で楽しんでいただけたようで、それはよかったです!!実は私も、○○年前の卒業旅行で行きました。パリは私も2日間だけでしたがモンマルトルはどうしても見たくて。ルーブルは棚卸しのため2か月ほど休館の時期だったので行けませんでした。

>薪さん、第九時代はゆっくり、風景を楽しむ気持ちじゃなかったと思うのでこんな風に青木とのんびりしている様子が見れて嬉しかったです(^^)

ありがとうございます。そうですよね、今まではね。でもエピローグの後では、忙しい中にもきっとこんな時もあると信じて(*^-^*)

>また、賞が取れたらサイン会とかあればいいですね!

そうなんですよー。以前、読書会や原画展があったようですが、私はその頃まだ読んでなかったので残念。ツイッタ―の仲間でも、完結してからとか、最近ファンになったという方多いのですよ。だからまた企画してほしいですね。その時にはAさんにも是非お会いしたいです(*´▽`*)

ありがとうございました人´∀`).☆.。.:*

2013/06/03 (Mon) 21:21 | しおん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。